「在日ジャマイカ人を通して、ジャマイカを知ろう」 2019年10月13日開催報告記

23/10/2019

 世田谷区国際平和交流基金助成金を得て、開催された講演会は、台風19号の交通機関の乱れもあり、参加できなかった方もいる中で、盛会に終わりました。
 講師の一人が欠席になり、一部プログラムを変更いたしました。
 一部はケリーアン・工藤さんのわかりやすいジャマイカについて歴史、文化、食などを説明した後、クイズを3問。熱心に聞いていた客席の4歳の坊やが見事に応え、なごやかな雰囲気に包まれました。
 二部は、ジャマイカから来日していたジャマイカ文化庁長官ヴィヴィアン・クロフォード氏が飛び入りして、奴隷解放に尽力したクイーンナニを中心にマルーンの歴史を語った後、英語のかけあいで、トリの歌を披露。歌手のマカラフィンもアカぺラで歌い客席と一体になりました。
 観光についてはNPO法人ジャマイカ情報センターが制作したガイドブック(当日会場で配布)を参考にしながら、説明もわかりやすかったと好評を得ました。

講演会写真講演会写真

マカラフィン氏ケリーアン工藤さん、クロフオード長官マカラフィン氏ケリーアン工藤さん、クロフオード長官

講演会の参加者と講演会の参加者と