No.2 在ジャマイカ24年のツアーガイド

posted: 2018-02-26 modified: 2018-12-14


Ms.Seiko Tomida 富田聖子さん

「滝のぼりに行く前に持ち物とか、着替えのアドバイスなど聖子さんに聞いてよかった」と
日本からのお客さんの声です。
聖子さんは、モンテゴ・ベイ空港で皆さまをお迎えする日本語ガイドです。
旅行業界の中にランド・オペレーターという業種があるのをご存知でしょうか。
通称「ラン・オペ」は、目的地に駐在員が常駐していて、お出迎え、島内の観光を案内します。
日本からのメールでの問い合わせに対して、見積もりを作成し、ツアーの詳細をご案内します。

ひとり息子のリン・ジャイルズ(Rin Gyles)くんは、15歳でCornwall college great 9(中学3年生)で
水泳(背泳)の若手のホープでもあります。

初めての一人旅の不安を解消してくれるのも、聖子さん。今までお世話になった日本女性はたくさんいます。
女性だけの町歩きの注意点など、きめ細かいアドバイスは定評があります。
滝のぼりは、ジャマイカに到着したら、99%のツーリストが参加する一大アトラクションで、
オーチョ・リオスにあります。
現地ではDunns’ River Fallsと呼ばれていて、全長180mぐらいの大きななだらかな岩を海辺から、
各国の人たちと手をつなぎ、滝のてっぺんをめざして登っていきます。

水着を着て、足元は滑らないゴム製の靴をはきます。途中、滑り台状の岩もあり、
水しぶきを体いっぱい浴びながら、カメラにおさまります。
「ワー」「キャー」の叫び声が滝の音でかき消されます。
どうしても、滝の頂上まで行かれないという方には、途中、側道を歩くことも可能です。

聖子さんのお薦めの過ごし方は、ネグリルの白いビーチでのんびりすること。
レストランは、モンテゴ・ベイのフィッシュハット.魚料理がおいしいと評判。📞876-954-7155
オーチョ・リオスでは、トスカニーニ・レストラン&バー📞876-999954-4785.イタリア料理。
2階にあるハーモニ―ホールというアート・ギャラリーでは、100人以上のジャマイカやカリブ海出身の
アーティストの作品が展示販売されているので、必見。

聖子さんの島を楽しむコツは、
「陽気なジャマイカンはよく言えば、世話焼き、どちらかと言えば、おせっかい。
“案内してあげるよ~”などと声をかけられてもNOのときは、はっきりとNo thank you と言えると
滞在は楽しめると思います。モンテゴ・ベイでお待ちしております」

ジャマイカトラベルファクトリー

住所:Rose Hall Montego Bay St James Jamaica WI
TEL: 1(876)-953-9115
Email:reveaccount@cwjamaica.com